田原凌祐の鍵盤弾き語り日記

広島県出身20歳、キーボード弾き語りシンガーソングライターが未だに青春してる10の理由

変化のカタチ

広島カープ25年ぶりのリーグ優勝してからかれこれ2週間。早いもんですね。

 

中学時代からの友達が「カープ優勝したけえ、俺の人生悔いないわ」って言ってきてさ、電話口に「それは25年生きた奴が言えることやで」って会話したのを思い出す。

 

賑わう自分の出身地の映像を見てはその中に混ざりたい気持ちでムズムズしてたけど、2週間も経てばもう落ち着いてます。クライマックスシリーズが始まったらまた再熱してくるだろうから、SNSでうるさくなるでしょう。

 

それはさておき、先週の土曜日はライブでした。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160924191514j:plain

 

「次のライブはカープが日本一獲った頃に」って言ったから、今年獲れんと最短でも来年の11月頃までライブ出来ないという、、、(笑)

 

毎度ライブは台本を考えてくるわけだけど今回も入念に練りました。

 

カープのユニフォーム着てグラサンかけて登場したり、カープの応援歌をSEに使ったり、シリア難民の映像流したり、衣装チェンジしたり、MCの内容だったり、、、。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160924191738j:plain

 

ライブでは音楽はエンターテインメント全身全霊というふたつの気持ちを大事にしています。このふたつをシーソーに乗せて、聴いてくれた人の心を反対側に乗せた時、どれだけ平衡であれるかというのが理想的です。

 

その中で「感情の起伏」という言葉を常々口にしてるけど、笑いどころがあって盛り上がりがあって、感動する所があって考えさせられる所があって、終盤に序盤との伏線があってといった具合に、どれだけの波をお客さんの中に発生させられるかが ”THE LIVE” だと思ってます。

 

そこを体現する為には、慶応生がハロプロに詳しいような、アイドルがプロレスを語れるような、いつも教室の隅で読書してる子が球技大会で活躍するような、どの分野にも対応出来てしまえるような知識と柔軟性が必要で、すなわち日頃からあらゆる所へ脳の回線を張ってなきゃダメだという事です。

 

一言で表すならば映画のようなライブをしたい。

 

そして今回のライブで改めて感じた事があったんだけど、僕は昔から気持ちが前面に伝わってくるアーティストが大好きで、自分のパフォーマンスにもそれを求めてきました。根底にあるものだから意識的ではなく、ライブやオーディションやコンテストの時にも自然と顔はくしゃくしゃになって目を瞑って弾き語りしてました。

 

それが最近は、目を開けて歌う時間がだんだんと多くなってきたんですね。人前でのパフォーマンスをする度に、最中に「あ、目が開いてる」って感じる事が多くなりました。以前のように顔がくしゃくしゃになる事も少なくなったし。

 

届けたいと思えば思うほど今までなら視界がギュッとなってたところが、何の前触れもなくその反対になってきたわけです。

 

視力が物凄く悪くて普段はメガネをかけて生活してます。ライブの時はメガネをかけてなくてコンタクトもしないから辛うじて鍵盤が見えるレベル。皆の表情とかは見えないし、視界が開いたところでぼやけた景色しか見えない。

 

だから尚更「なんで開くようになったんだろう」って疑問が自分の中で湧くし、それを尋ねに感情の奥深くまで潜ってみるけど全然理由は分かりません。ただひとつだけ分かるのは、これは良い変化なんだろうってこと。

 

ずっと長い間続いてた事が意識的じゃない変化をするって、僕の中で一種の革命的であるというか、そうそうあり得るもんじゃないと思うんですね。積み重ねて積み重ねて、何を経験してもずっとそうで在り続けたことって、無理やり意識に持ってくか生まれ変わりでもしない限り形を変える事はないと思うんです。

 

自分でも分からない理由があるって事は、目が開くようになったっていう変化のもっと先で何か大事なものが変わり始めてる、動き始めてる気がします。

 

パフォーマンスを重ねるうちに「だんだんと」って感覚はなくなって、その変化の最終形態に辿り着くでしょう。その時に、ぼやけた視界からたったひとつはっきりと見えるものに出会いたい。それが沢山の心を鷲掴みにする映画の予告であるように、、、。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160924191812j:plain

 

ライブ活動のお休みについて

我が地元の三次市には「BIG HOUSE」というスーパーがあって、広島県を中心にいくつか店舗があります。そこで売ってるこの天かすがね、僕は大好きなんです。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160904175623j:plain

 

焼きそばやうどん、お好み焼きだったりに使うんだけど、これ単体で食ってみても美味しくてですね。そんじょそこらの天かすとは大違いな訳ですよ。柿ピーを食うのと同じ感覚で作業しながら手を伸ばしてるうちに一袋なくなりました。呆れてます。

 

それはさておき、9月17日の土曜日にライブするよ!

 

f:id:TawaraRyosuke:20160904172634j:plain

 

今回のライブも物凄くエネルギッシュなものになるだろうけどお知らせがあって。この日をもってしばらくライブ活動をお休みしようかなと思ってます。

 

9月になり今年も残り3分の1になって、秋も近くなって、僕は物思いに更けました。人生について考えました。たしか去年もこの時期に物思いに更けたな。

 

その結果、今の僕にとってライブをする事がマストではないと思ったのです。中にはライブ活動で音楽性を極めて、より自分を磨き上げてく人もいるけど、僕はもともと広島の田舎に居て上京するまでライブ活動をしてない人間でした。

 

上京してから2年が経って、時間的にも精神的にも「現状」が苦しくなっています。結果を残さなきゃ続けていく事は出来ません。綺麗事なんて世の中の濁流に飲み込まれてしまいます。プロを目指す奴にとって、全ては結果でしかないんです。

 

ライブをやる度に、手応えだったり悔しさだったりがあります。「これ良かったから次も組み込もう」とか「あれは駄目だったからどう改善しよう」とか色々と脳内を巡ります。そうやって反省に反省を重ねてノートにまとめて、次のライブに向けた台本を作り上げるのです。

 

その積み重ねによって最近になってやっと「田原凌祐とはこれだ!」と言えるライブが出来るようになってきました。色んな恥じらいも消えて、良い意味で学生時代のノリを持てるようになってきたというか。それはきっとお客さんに対して、友達くらいに心が近い距離で届けられるようになった証拠です。

 

勿論しっかり落としどころも作って、どこでどう流れを区切るか、どこで何を伝えるか、観客の感情の起伏を大切にして構成を考えています。そもそもMCして歌ってという繰り返しで30分ステージを完了させたって、誰も聴いちゃくれないから。よっぽど良いオリジナル曲を歌ったとしてもそれだけじゃ駄目でしょう。

 

これまで自分の対バンや観に行ったバンドの対バンで色んなアーティストを見てきたけど、「あ、見たい」って思うアーティストと「これは別にいいや」って思うアーティストがやっぱりいます。両者には楽曲、演奏、歌唱以外においての明らかな違いがあるからです。

 

僕が「あ、見たい」って思ったアーティストだって、人によっては「これは別にいいや」って思うでしょう。僕のライブを100人が見たって、当然「好き」と「嫌い」で二分化すると思います。問題はそこんとこの比率です。

 

「100人全員に届かなくてもたった1人に届けばそれでいい」なんて言ってたら、世の中の濁流に飲み込まれてしまう気がします。無論、メッセージ性やらテーマやら熱量は大事だけど、じゃあそれを活かす為にどれだけの策を練ってきたのか。

 

この一連の考えにおいて僕の中にひとつの溝が発生しました。お客さんを楽しませる為にどういったパフォーマンスをしようかって考える事は全てライブに向けた事です。ライブをする事が積もり積もってどれだけアーティストの何かに繋がっても、ライブの一番の鍵はお客さんの満足度です。

 

だから僕がというより「現状の僕」がプロを目指すうえで、ライブを終えてから反省する時間というのが勿体なく感じるようになりました。

 

ライブをする事は大好きだし楽しいです。でもここまで綴ってきた通り、欠かしちゃいけないのは反省も含めた次のライブまでの組み立てです。

 

「オーディションやコンテストを受けるうえでアクセスのいい東京」と言っていた上京前の自分を、あれから2年経って再度思い返しました。上京するまでは音源審査に受かっても次の審査場所まで行けなくて見送ったオーディションも沢山ありました。

 

今はライブを構築する事より、スタッフの人達が振り向いてくれるような楽曲を構築する事に全神経注ぎ込みたい。そしてどこをどう歩いていくべきか脳をフル回転させて。

 

上京から2年経って現状と向き合って出した結論はこれだけじゃないけど、その中のひとつとしてここに綴りました。ライブをしなくなるというよりも、時間の使い方を変えるんだと思ってほしい。

 

とにかく9月17日は楽しみにしてて。絶対に来てほしいな。

 

人間、何かのポイントで立ち止まります。何もない平面な道で急には立ち止まりません。だから立ち止まれた時に立ち止まれた事実をどれだけ受け止められるか。どれだけ悩めるか。

 

応援してくれる皆さんにはこれからの田原凌祐がどうなっていくかという未来を楽しみにして頂きたい次第です。このブログを何ヶ月先の自分が読んだとしても消したいと思わないように歩いていきます。

もくれんぼライブを終えて

広島へ帰省する新幹線の中で、今僕はこれを書いてます。

 

昨日のもくれんぼライブ終わってから、打ち上げをして、さよならをして、家に帰って録画していたアニメ版の『orange』を見ながら帰省準備をしてたんだけど、全然内容が頭に入ってこなくて10分くらい見たところでTVを消しました。「あぁ、これでおしまいなんだな」ってのを一人になったら余計に感じてしまい、その寂しさを飲み込む事で精一杯でした。

 

もくれんぼは5ヶ月間の生配信をおこなってきました。

詳しい事はこの前のブログ http://tawararyosuke.hatenablog.com/entry/2016/08/03/051857

を読んでもらえたらと思うけど、ライブが迫ってきた頃に色んな事を踏まえてひとつの結論が出て、どんな面持ちで8月4日へ向かえばいいのかメンバーひとりひとり悩みました。ライブが始まる数分前まで控室は感情の波が重なり合ってたけど、誰が防波堤となってまとめるでもなくて、あえてその波のまま本番を迎えたのです。

 

「一体、今日はどうなるんだろう」って思ってたけど、いざ始まってみたら皆のびのびとやれてて、俺も魂でひとつひとつ動けた気がします。控室の空気感も凄く楽しくて、終わりが近付くほどに寂しさが激しくなりました。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160805232840j:plain

f:id:TawaraRyosuke:20160805232921j:plain

f:id:TawaraRyosuke:20160805233018j:plain

あっきーには似顔絵も描いてもらったよ。 

 

オープニングでは皆が会場のどこかに隠れてて、一人ステージに立った小雨ちゃんがひとりひとり見つけてステージ上に集結するというものでした。他な6人は見つかって何事もなくスタートしていった時に、「わしわい!?」と叫んで現れた時のアウェイ感(笑) あの失笑から、ソロのコーナーではよく立て直せたもんだと思う。放送ではスベリ芸ばっかりやってたけど、ステージであんなにウケてもらって気持ち良かったです。俺の「おったまげー」に付き合ってくれてありがとう。

 

aikoさんの『カブトムシ』を小雨ちゃんとなっしーとりらちゃんとの4人でコラボした時の5分間はずっと魔法みたいでした。感情が溢れ出してそれがそのまま声になって、あの空間だからこそ出せた声だったと思う。良い曲すぎて歌いながら泣きそうでした。

 

2番をりらちゃんが歌ってる最中は隣で鳥肌が立ってました。あれ以上望みようがない歌唱だったし、1番から2番の流れとして、ひとつの曲として完璧に纏めてくれて、、、。aikoさんの曲は基本的にコードが複雑なんだけど、なっしーはイメージ通りにギターを弾いてくれた。小雨ちゃんは転調したりで大変なのに表情をつけたピアノを弾いてくれて、それでありながらコーラスまで入れてくれてフェイクにも対応してくれて。本当に歌いやすかったです。二度と出来ないよ、あんなコラボ。この魔法は生涯忘れません。

 

 

始まりから終わりにかけて俺がステージからいくつか飴玉投げたりしたけど、小さな子供が拾って親御さんに「飴玉拾ったー!」って喜んでたらしいです。それ聞いて凄く嬉しい気持ちになりました。

 

アンコール後、深々とお辞儀して3時間のライブは終わりました。物販も終わった頃に僕は大量の鼻血が出ました。意味不明です。しかも全然止まらん。「これで終わりかー」って改めて思った時にクラッと来たから、そういう事なんだろうなって感じました。ウェルカムな鼻血って事ですね。

 

対バンとは違うグループとしてのライブだからこそ生まれた雰囲気だったり、出来たパフォーマンスだったりがあって、僕らが思い切り楽しんでいる中でお客さんも思い切り楽しんでくれて、ライブの本質を見い出せた夜だったと思います。

 

僕らはくしくもこの日のようなポテンシャルを、5ヶ月間の放送の中で発揮する事が出来ませんでした。結論を飲み込んだ理由はそこにあります。ただひとつ言えるのは、こんなライブが出来たひとりひとりの未来は明るいという事です。

 

最後に皆で集まって写真を撮りました。よくよく考えたら初めてだね。8人で映れたのは。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160805234922j:plain

 

色々、放送に関して思う事はありました。どうしようかってきっと皆なりに考えてたんだと思います。でも、皆が口を揃えて言うのは「このメンバーに出会えてよかった」という事。涼ちゃんが言ってた。「出会うだけなら出来るかもしれんけど、こうも仲良くなれる関係なんてそうそうないよ」って。だからきっと初めて会った日を凄く懐かしく感じてしまうんだと思います。

 

この感情の今、来週からも変わらず放送があれば今度は胸を張れるものが出来るかもしれない。だけどね、それは結論が出た状態で臨んだこのライブがあったからこそだと思うんです。今まで通り何事もなく続いてたなら、もしかしてこのライブは大した事なかったかもしれないし、この3時間が出来たからこれでもう良かったのかなって思っています。

 

色んなお客さんが言ってました。「またライブやって下さい!」って。1 st LIVEだもんね。定義的になんとも返答出来なかったけど、俺としてもこんなライブまたやれたらどんなにいいだろうと思う。その時は今回の何十倍も自信持って「絶対来た方がいいよ」って誘えるし、今回来たくても来れなかった人だっているし。ただ俺からは何も言えないよ。

 

とにもかくにも、5ヶ月間見続けてくれた鬼ちゃん達ありがとう。スタッフの皆さんもお疲れ様でした。

 

そして小雨ちゃん、涼ちゃん、ひなたちゃん、あっきー、さち、なっしー、りらちゃん、出会ってくれて本当にありがとう! 宝物だ。

 

当たり前にあったものがなくなって、皆それぞれの生活をしていきます。余韻から現実に戻っていきます。変わらずそれぞれの音楽を紡いでいきます。俺もそうです。そこでお願いです。皆さんと会えたのもひとつの縁だから、これから8人それぞれの未来も応援してほしい。それぞれのこれからの音楽にも耳を澄ませてほしいです。

 

この5ヶ月で沢山学びました。沢山スベりました。沢山笑いました。沢山違う人の声を重ねました。広島でしかなれなかった自分、抑えてた自分を出せた空間でした。この先に繋がっていきそうです。音楽はエンターテインメントだって事を自分に言い聞かせられました。

 

もくれんぼは皆さんの心のどこかにあればそれで生き続けます。これからも「もくれんぼ」のタグ付けて何か呟いて下さい。願えば何かが起こるかもしれません。このライブの反省もしっかりして活かしていきます。

 

さてさて、3時間半ずっと僕はこれを書いてたみたいです。まもなく広島に着くのでPC閉じますね。

 

もくれんぼのメンバーが「すけちゃん」って名付けてくれて、最初は呼ばれても自分じゃないような感覚がありました。だけどすぐに慣れていって気に入ってさ。そんな呼び方してくれるのは7人だけだから、これからはそれを聞けない事にそのうち違和感が生まれ始める気がします。

 

皆にお願いして控室で1枚の色紙にサインを書いてもらいました。一言も添えてくれました。忘れそうになったとき、それ見て「すけちゃん」って呼ぶ時の7人の声を脳内で鳴らしたいと思います。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160806001733j:plain

もくれんぼメンバーとしての5ヶ月間

いよいよ明日、もくれんぼの1st LIVEです。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160803033247j:plain

 

3月3日から7月28日までの毎週木曜日にツイキャスで生配信してた番組。

とある隠れ家からずっと届けてたけど、遂に皆さんに見つけてもらう日が来ました。

 

気付けば5ヶ月放送してたのですか。全21回。早いもんですね。

お互いに初めて会って、互いに自己紹介して、この先どんな配信をやってみたいか話して、手探りで言葉を交わした初回放送日。大抵こういう文脈って「昨日の事のように感じる」って表現がオーソドックスなんだろうけど、なんでだろう。やけに懐かしく感じてしまいます。

 

蓋を開けてみれば、8人が揃った回はなかったし、初回で話したやってみたい事の案は何も実現できなかったし、視聴者の推移はたかが知れてたし、俺は俺でほぼほぼ空回りしてたし、最初に広げた風呂敷を広げたことすら忘れてたような感じになってしまいました。

 

最初の方こそ「皆勤賞狙う」とか言って毎回出続けてたけど、途中から体調不良とかあって行けない日も多々あったりして、メンバー同士でこれからどう配信していくべきか話し合ったりもして、心が逸れてきたりもして、放送に行くって事自体がマンネリ化しつつあって。

 

それなのに「放送は中断」「いつ復活するかは不透明」って事が決まった時、妙な喪失感でいっぱいになりました。

なんでか?って思った時に、「あぁ、この空間はひとつの学校だったんだな」って。必死に体温計を布団の中で擦り付けた朝もあったけど、休んだ日の夜に友達から「明日は来れそう?」ってLINEを貰っていたたまれない気持ちになったり、夏休みだ冬休みだっていちいち喜ぶくせに卒業式で思い切り涙を流したり、、、。そんな学生時代とどこか重なってやけに寂しい気持ちになったのです。

 

もう二度と中学、高校なんて過ごせないから、もくれんぼの空間ってもう一回青春やってる感みたいなのがあったのかな。当たり前が当たり前じゃなくなった時に人は初めて大きさに気付けるからね。

 

俺はソロのシンガーソングライターで勿論これからも一人で歌ってく訳で、広島のド田舎に居た頃は作ったとて誰にも聴いてもらえない孤独な時間があって、音楽を届けるという作業に仲間が居るなんてプロにでもならない限り不可能だと思ってたから。

 

何より他人という関係でずっと居続けてたのに何らかの縁があって7人と出会ったという事実を失くしたくはないから、結果もくれんぼに居れて良かったなと思います。

 

明日はアドレナリン全開でパフォーマンスしますよ。全て終わってもいいやくらいの勢いで臨みます。なんせ対バンと違って一人あたりの持ち時間が少ないから、一曲当たりのエネルギーが半端ないと思います。

 

俺はライブという場のテンションの高鳴りで、予期しない自分が押し出されるのを毎回願っています。どれだけ台本があったところで何をするかはその時の魂が導くから。

 

メンバーがどんな気持ちで臨むかは分かんないけど、俺はこの5ヶ月間を閉じ込める為のチャックを付けに行きたいと思います。

そして皆さんと会えるのを楽しみにしてる。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160803051501j:plain