田原凌祐の鍵盤弾き語り日記

広島県出身20歳、キーボード弾き語りシンガーソングライターが未だに青春してる10の理由

もくれんぼライブを終えて

広島へ帰省する新幹線の中で、今僕はこれを書いてます。

 

昨日のもくれんぼライブ終わってから、打ち上げをして、さよならをして、家に帰って録画していたアニメ版の『orange』を見ながら帰省準備をしてたんだけど、全然内容が頭に入ってこなくて10分くらい見たところでTVを消しました。「あぁ、これでおしまいなんだな」ってのを一人になったら余計に感じてしまい、その寂しさを飲み込む事で精一杯でした。

 

もくれんぼは5ヶ月間の生配信をおこなってきました。

詳しい事はこの前のブログ http://tawararyosuke.hatenablog.com/entry/2016/08/03/051857

を読んでもらえたらと思うけど、ライブが迫ってきた頃に色んな事を踏まえてひとつの結論が出て、どんな面持ちで8月4日へ向かえばいいのかメンバーひとりひとり悩みました。ライブが始まる数分前まで控室は感情の波が重なり合ってたけど、誰が防波堤となってまとめるでもなくて、あえてその波のまま本番を迎えたのです。

 

「一体、今日はどうなるんだろう」って思ってたけど、いざ始まってみたら皆のびのびとやれてて、俺も魂でひとつひとつ動けた気がします。控室の空気感も凄く楽しくて、終わりが近付くほどに寂しさが激しくなりました。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160805232840j:plain

f:id:TawaraRyosuke:20160805232921j:plain

f:id:TawaraRyosuke:20160805233018j:plain

あっきーには似顔絵も描いてもらったよ。 

 

オープニングでは皆が会場のどこかに隠れてて、一人ステージに立った小雨ちゃんがひとりひとり見つけてステージ上に集結するというものでした。他な6人は見つかって何事もなくスタートしていった時に、「わしわい!?」と叫んで現れた時のアウェイ感(笑) あの失笑から、ソロのコーナーではよく立て直せたもんだと思う。放送ではスベリ芸ばっかりやってたけど、ステージであんなにウケてもらって気持ち良かったです。俺の「おったまげー」に付き合ってくれてありがとう。

 

aikoさんの『カブトムシ』を小雨ちゃんとなっしーとりらちゃんとの4人でコラボした時の5分間はずっと魔法みたいでした。感情が溢れ出してそれがそのまま声になって、あの空間だからこそ出せた声だったと思う。良い曲すぎて歌いながら泣きそうでした。

 

2番をりらちゃんが歌ってる最中は隣で鳥肌が立ってました。あれ以上望みようがない歌唱だったし、1番から2番の流れとして、ひとつの曲として完璧に纏めてくれて、、、。aikoさんの曲は基本的にコードが複雑なんだけど、なっしーはイメージ通りにギターを弾いてくれた。小雨ちゃんは転調したりで大変なのに表情をつけたピアノを弾いてくれて、それでありながらコーラスまで入れてくれてフェイクにも対応してくれて。本当に歌いやすかったです。二度と出来ないよ、あんなコラボ。この魔法は生涯忘れません。

 

 

始まりから終わりにかけて俺がステージからいくつか飴玉投げたりしたけど、小さな子供が拾って親御さんに「飴玉拾ったー!」って喜んでたらしいです。それ聞いて凄く嬉しい気持ちになりました。

 

アンコール後、深々とお辞儀して3時間のライブは終わりました。物販も終わった頃に僕は大量の鼻血が出ました。意味不明です。しかも全然止まらん。「これで終わりかー」って改めて思った時にクラッと来たから、そういう事なんだろうなって感じました。ウェルカムな鼻血って事ですね。

 

対バンとは違うグループとしてのライブだからこそ生まれた雰囲気だったり、出来たパフォーマンスだったりがあって、僕らが思い切り楽しんでいる中でお客さんも思い切り楽しんでくれて、ライブの本質を見い出せた夜だったと思います。

 

僕らはくしくもこの日のようなポテンシャルを、5ヶ月間の放送の中で発揮する事が出来ませんでした。結論を飲み込んだ理由はそこにあります。ただひとつ言えるのは、こんなライブが出来たひとりひとりの未来は明るいという事です。

 

最後に皆で集まって写真を撮りました。よくよく考えたら初めてだね。8人で映れたのは。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160805234922j:plain

 

色々、放送に関して思う事はありました。どうしようかってきっと皆なりに考えてたんだと思います。でも、皆が口を揃えて言うのは「このメンバーに出会えてよかった」という事。涼ちゃんが言ってた。「出会うだけなら出来るかもしれんけど、こうも仲良くなれる関係なんてそうそうないよ」って。だからきっと初めて会った日を凄く懐かしく感じてしまうんだと思います。

 

この感情の今、来週からも変わらず放送があれば今度は胸を張れるものが出来るかもしれない。だけどね、それは結論が出た状態で臨んだこのライブがあったからこそだと思うんです。今まで通り何事もなく続いてたなら、もしかしてこのライブは大した事なかったかもしれないし、この3時間が出来たからこれでもう良かったのかなって思っています。

 

色んなお客さんが言ってました。「またライブやって下さい!」って。1 st LIVEだもんね。定義的になんとも返答出来なかったけど、俺としてもこんなライブまたやれたらどんなにいいだろうと思う。その時は今回の何十倍も自信持って「絶対来た方がいいよ」って誘えるし、今回来たくても来れなかった人だっているし。ただ俺からは何も言えないよ。

 

とにもかくにも、5ヶ月間見続けてくれた鬼ちゃん達ありがとう。スタッフの皆さんもお疲れ様でした。

 

そして小雨ちゃん、涼ちゃん、ひなたちゃん、あっきー、さち、なっしー、りらちゃん、出会ってくれて本当にありがとう! 宝物だ。

 

当たり前にあったものがなくなって、皆それぞれの生活をしていきます。余韻から現実に戻っていきます。変わらずそれぞれの音楽を紡いでいきます。俺もそうです。そこでお願いです。皆さんと会えたのもひとつの縁だから、これから8人それぞれの未来も応援してほしい。それぞれのこれからの音楽にも耳を澄ませてほしいです。

 

この5ヶ月で沢山学びました。沢山スベりました。沢山笑いました。沢山違う人の声を重ねました。広島でしかなれなかった自分、抑えてた自分を出せた空間でした。この先に繋がっていきそうです。音楽はエンターテインメントだって事を自分に言い聞かせられました。

 

もくれんぼは皆さんの心のどこかにあればそれで生き続けます。これからも「もくれんぼ」のタグ付けて何か呟いて下さい。願えば何かが起こるかもしれません。このライブの反省もしっかりして活かしていきます。

 

さてさて、3時間半ずっと僕はこれを書いてたみたいです。まもなく広島に着くのでPC閉じますね。

 

もくれんぼのメンバーが「すけちゃん」って名付けてくれて、最初は呼ばれても自分じゃないような感覚がありました。だけどすぐに慣れていって気に入ってさ。そんな呼び方してくれるのは7人だけだから、これからはそれを聞けない事にそのうち違和感が生まれ始める気がします。

 

皆にお願いして控室で1枚の色紙にサインを書いてもらいました。一言も添えてくれました。忘れそうになったとき、それ見て「すけちゃん」って呼ぶ時の7人の声を脳内で鳴らしたいと思います。

 

f:id:TawaraRyosuke:20160806001733j:plain