田原凌祐の鍵盤弾き語り日記

広島県出身20歳、キーボード弾き語りシンガーソングライターが未だに青春してる10の理由

友達が東京に遊びに来てくれた【初日】

こんにちは。田原凌祐です。

約半年ぶりのブログみたいです。

 

僕はというもの、凄まじい体調不良でダウンしています。ここ最近の気温の変化に全くついて行けず、天候の思うがままに高熱を発症させてしまいました。ほんとにきつい。何も出来ません。おかゆも作れません。ブログ日和ですね。

 

さて先日、地元(広島)の友達が来てくれて3日間(16日~18日)遊んだので、その時の事を書きたいと思います。ほんと色々ありすぎたので、、、笑

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323113824j:plain

 

おそらく長くなってしまうんで、1日ごとに振り分けて3部作で書こうと思います。

まずは初日の模様をどうぞ。

 

3月15日の深夜、京王線の終電に乗って友達はやってきました。年末年始帰省した時にも会ったんで久々感もなく、2年前にも来てくれてるので東京で会ってるという違和感もなく「眠いのー」という会話から始まりました。

 

僕には仲の良い中学の同級生2人がいて、2年前に東京で遊んだ時もそうだったし、帰省した時も3人で会ってます。しかし今回、もう一人は予定が合わずに来れませんでした。

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323114328j:plain

※2年前

 

途中コンビニに寄った彼は店員がおにぎりを温めてくれない事に腹を立てたりしながら、駅から家までの距離を歩きました。荷物を家に置いて暫く話した後、喉が渇いたので徒歩25分のドンキまで向かいました。その道中。

 

おばあさんが国道沿いの歩道に倒れ込んでいたのです。iphoneが吹っ飛んでて、リュックの重さを背負い込んでで、まるで死んでるかのような派手な倒れ込み方と、こんな街で人が倒れてるという光景に「これは救急車呼ばんといけんやろ!」と焦りました。しかしいざ触れようとすると勇気が出ません。そんな事言ってる場合じゃないんですけどいざこの状況に直面すると怖いんです。

 

お互いにどっちが起こすかを押しつけながら、最終的に僕が「大丈夫ですか?」と体をゆすりました。すると体が起き上がり、目をこすりながら現れたのは可愛い女子じゃありませんか。その瞬間、彼はすぐに駆け寄り「大丈夫ですか!」と周りに散乱してたものを直ちに拾って渡してました。彼の女好きには呆れたものです。

 

かなり酒臭かったですね。酔い潰れた女の子は起き上がるのもフラフラで、喋るのもままならない状態だったんで、危ないと思った変態ふたりは女の子を家まで送る事にしました。せっかくドンキに向かってたのに、その逆方向へ。

 

話しながら僕らよりひとつ年下である事と、昼から漫画喫茶のバイトがある事と、彼氏がいるという情報をゲットしました。「家はあとどのくらい?」と聞くと「もうすぐです」と答えたものの、歩けども歩けども着きません。

僕は思いました。酔って駅を間違えてるんじゃないかと。

 

駅を聞くと案の定ふたつ隣の駅名を答えました。もっと早く勘付くべきでした。フラフラな彼女の代わりにタクシーをつかまえると、その子は風のように去っていきました。こんな眠い真夜中にかなりのロスをしてしまい、「胸を揉めばよかった」「家へ連れ込めばよかった」なんてゲスい会話をしたけど、終わった事を悔やんでも仕方ありません。次、そうします。

 

そんな事より、あんな歩道に倒れ込んでる人を見てスルーしていた人達はどういうつもりなんでしょう。終電の時間を考えても、1時間ほどはあそこへ倒れ込んでた事になります。僕らが見付けるまでに誰も通ってない訳はないし。日本の現状を憂いながら、随分と長かった道のりをやっと歩ききりました。

 

ドンキで1.5ℓジュースを2本買って、あまりにも疲れたと近くのマックで休みました。新商品のオレオアイスを頼んだけどその機械を洗浄中らしく、アイス系は注文できないとの事でストロベリーフローズンを頼みました。でもそれも同じ機械を使うらしく、マックシェイクを頼みました。でもそれも同じく。頭の弱い僕は理解力が乏しく、店員に笑われながらアップルパイとポテトを頼みました。

 

4時も過ぎた頃、ようやくマックを出て帰りました。俺はともかく、仕事が夕方に終わってそのまま飛行機で来た彼はよく起きてられるものですね(笑)この後、家に着くなり突っ伏せましたが。

 

さて、ここからが初日です。酔った女の子に出くわさなければこんなに長い前置きは必要なかったのに。

 

小雨ぱらつく3月16日。傘を持って朝の10時に家を出ました。今日は渋谷、原宿、新宿をぶらぶらして服なりなんなり買おうというショッピングデイです。まずは渋谷をまわり、そのまま徒歩で原宿へ渡ります。

 

色々見て回るものの、ちんぷんかんぷんです。そういえばこのふたりで遊んだ時に、服やら靴やらは買った事はなかったな。オシャレはもう一人がある程度分かってて、奴に今まで頼ってた事を実感しました。迷ってても鶴の一声がないから決めきれないし、そもそもこれで迷ってる事自体が正しいか分かんないし(笑)

 

そんなこんなで昼になりスタバで一服する事にしました。僕はキャラメルマキアートを先に買ってソファー席を確保して、彼は腹が減ったと言いフードを買ってました。総菜パンでも買ってくると思いきやドーナツとエクレアみたいなやつを買ってきて、そのうえ甘いホットドリンクも買って、食べ始めて数分で「甘すぎる」と言い出して全部僕に授けました。来れなかったもう一人がいればツッコミがあって纏まるものの、ボケ二人なので何もかも完全に飽和状態です。

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323114812j:plain

 

ずっと休んでても仕方ないので、食べたらすぐ外に出て古着屋へ向かいました。案の定センスないんで色々と眺め続けます。すると店員が話し掛けてきて、「どんな服をお探しですか?」というところから、気付けばプライベートな話に発展しました。30分以上話し続けましたね。仕事は大丈夫なんでしょうか。意気投合し、仕舞いにはツイッターも交換しました。フレンドリーな街です、東京は。

 

その後ラフォーレ原宿で服を見るとは名ばかりの女を見て、竹下通りを潜り抜けて明治神宮へ行きました。3年半東京にいるけど、明治神宮に行くのは初めてなんです。底になぜか穴の開いてしまっていた靴で雨をはじきながら向かいました。

 

すれ違った親子が鳥居のところで一礼してから潜り抜けてました。僕はそれに感化されて、その後全ての鳥居で入る時も出る時も一礼しました。彼は僕以上に感化されて、店に入る時も自動ドアの前で一礼してましたが。

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323115148j:plain

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323115003j:plain

 

僕はお参り男子なので財布の中には大量に5円玉があります。家にも5円玉貯金箱があるほどです。ゆくゆくは御朱印を集めたい所存です。宮田愛萌ちゃんのように。

 

お参りはまず神様に感謝をします「いつも見守ってくれてありがとう」と。そこから願い事をします。僕は僕なりの願い事をして、彼は貸した傘をぶっ壊して、原宿駅から新宿駅へ移動。

 

今回東京に来るにあたって彼はピンサロに行く事を強く望んでました。「ピンサロ行こうで」っていう1ヶ月前の彼のノリLINEに、僕が必要以上に興味を示した事が火を点けてしまったのです。僕はどうせ行くなら失敗したくないと2週間以上かけてネット検索しまくって優良店を探し、出勤時間や指名のテクニックなどありとあらゆる所まで情報収集しました。

 

しかしそんなさ中、僕は新しいキーボードを買ってしまったんですね。10万円以上しました。今の僕に必要外のお金を出す余裕はありません。泣く泣く諦めて、ピンサロの入口で一礼する彼を見送りました。

 

1時間半くらい本屋で時間を潰して彼と合流。「可もなく不可もなくみたいな女の子が出てきた」と言う彼の顔は割と満足そうでした。

 

夜は焼肉の食べ放題の『安安』を19時で予約してあって、まだ1時間ちょっと時間がありました。

彼が四角い鞄(正式名称が分かんない笑)を買いたいらしく、マルイに行くことにしました。入口を入った所で大事な電話がかかってきたので一旦通話して終わった頃、彼は鞄コーナーのお姉さんに捕まってました。3万円の鞄を凄く勧められてましたね。しかしまぁ彼は朝からよく捕まるものです。顔に”無知”とでも書いてあるんでしょうか。

 

ただ見てるだけなのに店員が寄ってくるのを嫌う彼は、捕まる度にその事をぼやいてました。金のない僕はその点に関しては立ち回りが上手いので、毎度彼を連れ出していたのですが。というか、マルイって鞄がこんなに売ってたんやな。普段使いの難しそうな高い鞄が沢山ありました。

 

色々見回っていたところ彼は6Fでひとつの鞄を気に入って、長い事見てると髪型だけ菅田くん似の店員が話し掛けてきました。色違いや柄違いなど存分にアピールしてきます。しかし彼の中で即決には至らず、「一応上の階も見てきます」と言い残し去りました。そうして上へ上がって見てみたものの、納得出来るものが見つからず。

 

悩んだ結果6Fに戻って買う事に決めました。菅田くんがいなかったので他の店員に「さっきの店員と話したい」と伝えたところ、休憩中だったにも関わらず来てくれました。”あの去り方では戻ってこないだろうと思う所へ戻ってきた訳だから喜んでくれるだろう”というその喜びが見たいが為に敢えて菅田くんを呼んだ割には普通の反応でした。菅田くんともなればそうなのでしょうか。

 

彼が言われるがままにポイントカードを登録し始めて、僕はただただ暇なので菅田くんが最も菅田くんに見える角度を探しました。右斜め後ろからがベストです。

 

そうこうしてるうちに飯の時間も近付き、強くなった雨に傘で対抗しながら向かいました。着くと人が並んでいましたが僕らは予約してあります。スムーズに席に座りYouTubeの画面を店員に見せました。

 

そう。3月末まで安安では、YouTubeのチャンネル登録者100人以上の人は3800円の全メニュー食べ放題が税込1000円になるという神企画をやってるのです。同伴者も適応されます。

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323115700j:plain

f:id:TawaraRyosuke:20180323115809j:plain

 

食べに食べまくりました。どこの部位を食べてるかも分からぬまま焼きまくりました。タッチパネルで注文するシステムなんですが、終盤にデザートのシュークリームを14個頼んだり、チョコアイスを8個頼んだりして店員に直接注意を受けました。店が混んでたし、仕事が追い付かないというか在庫の問題もあっての事なんでしょう。そもそも焼肉屋で14個もシュークリーム頼む馬鹿はいませんからね。きっと僕が店員なら従業員同士で陰口言います。モラルがなってませんでした。

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323120532j:plain

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323120438j:plain

 

こんなに食べて全部で2000円です。シュークリームとアイスだけでも元はとれたでしょう。90分制限だったから終わったけど、まだまだ食えそうでした。

 

f:id:TawaraRyosuke:20180323120324j:plain

 

焼肉屋の匂いが染み付いたコートを着て寒さに怯えながら外へ出て、随分歩いてそのまま帰りの電車に乗りました。さて、次の日の予定は決まってます。僕の中のメインイベントが控えてます。

 

また2日目のこと書きますが、最初に危惧してた以上に長くなってしまったので次はなるべく纏めます。

それでは。